スタインウェイ戦争

高木 裕 / 大山 真人 著 
誰が日本のピアノ音楽界をだめにしたのか
19世紀末から20世紀中頃まで、あのように数多くの巨匠たちが綺羅星のごとく活躍していた時代は、まさにピアノという楽器が頂点を極めた時代でもあった。
そのなかでスタインウェイというピアノは王者のごとく君臨した楽器だったのである。
「あの時代の音をもう一度甦らせたい、あのピアノの音を追求したい」
その思いからすべては始まった。
クラシック音楽業界に「本音」で鋭く切り込んだ衝撃の一冊。

799円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索